宅建 通信講座

効率の良い学習方法

資格スクエアでは、独自の学習メソッド「SQUAREメソッド」とIT技術「脳科学ラーニング」を掛け合わせることで、これまでになかった新しい教育サービスを受けることが出来ます。

 

この新しい教育サービスだと、無駄で非効率的な勉強をすることがなくなり、合格まで最短で負担が少ない方法で勉強していくことができます

 

校舎を持たず、固定費や人件費を抑えているので、価格が安いのに最先端のサービスを受けることができます(^O^)/

 

 

”インプット講座”と”アウトプット講座”

資格スクエアの講義は、オリジナルのレジュメ・WEB動画・演習テキストを使って勉強を進めていくスタイルです。

 

中でも資格スクエアが重要視しているのは、「過去問の演習」です。

 

それができるのが、「テキストを読んでから問題を解く」のではなく「実際に出題された問題の周辺知識をインプットする」という”アウトプット講座”です。過去問から7割?8割が出るので、子の方法が効率的なんです。

 

それに対して”インプット講座”は、オリジナルレジュメで試験に無駄な部分はバッサリ割愛して、重要な部分を丁寧に学習する方法。

 

1講義が5〜30分なので、通勤・通学などのスキマ時間を使用して学習ができます('◇')ゞパソコン・スマホで何度でも見ることが出来るので、効率よく勉強することができますね。

 

直前対策講座

直前対策講座では、「頻出問題の総まくり」や「受験生がよく間違える問題」をピックアップして解説してもらえます。これだけは絶対に押さえておけ!って問題です。間違えると勿体ない問題ばかりです。

 

こういったところのピックアップや解説をしてくれる辺りが、独学では補えないところだと思います。自分だけでは中々気付くことのできない宅建士試験のクセ・特徴を短時間で学習することができますよ。

 

脳科学に基づいた問題演習機能=脳科学ラーニング

理解度チェック、確認テスト、総復習テスト、進捗&成績管理機能 を利用してオンライン上に蓄積されている自分の学習履歴・理解を分析することによって、個人に合わせた問題提示が可能になります。

 

ですので、苦手な部分や理解がきちんとできていないところがデータベースで分かりますよ('ω')ノとても効率良く記憶できる仕組みになっています。

 

プランの内容

講座内容:インプット講座(約50時間)、アウトプット講座(約40時間)、直前対策講座(約10時間)

 

視聴期限:当年の10月末

 

料金:64,800円

 

支払い方法:銀行振込、クレジット(一括・分割)、コンビニ決済、学費ローン

 

使用教材:クラウド宅建士TWINS Vol.1 & vol.2 (料金には含まれていないので事前準備が必要。無料キャンペーン期間なら無料でもらえます!)

 

※質問はできません

 

宅建以外の講座

司法試験、司法書士、行政書士、社労士、公認会計士、簿記、ビジネス会計検定、FP、弁理士、知財検定、中小企業診断士、気象予報士、情報処理、精神保健福祉士 など。

 

 

 

page top